読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちうえすと

キミはキミのために生きるんだ ボクはキミの陽だまりになる

自己主観をひたすらに綴る



ジャニヲタ界隈ではよくはてなブログをされている方を目にします。その方達は揃いも揃って文才・説得力があり読んでいて楽しいものばかりです。

というわけで(?)私も始めてみました。リア友はSexy zoneのファンの子ばかりでWESTを語る子がおらず、今までは自己主観をその他担の子たちに熱弁してきましたが、それもどうかと思ったのでブログ開設。ただただひたすらに言いたいことを綴ります。


私は21歳の学生でしげこた担です。もうほぼ小瀧担といえるくらいの気持ちではありますが好きになったキッカケが重岡くんだったので手放せず。とは言ってもWEST全員に沸くので赤ピンク濃いめの虹色ジャス民()です。一番最初の記事はジャニーズWEST1人ずつの魅力や個人的に好きなところなど読んだ人がWEST担になってしまうような爆イケポイントをツラツラと綴りたいと思います。




重岡くん


我らがセンター!ジャニーズWESTの中心であり「あっジャニーズWESTのセンターの人ね」と認知されつつある彼です。が、彼自身にセンター認識はないようなので「センター」という括りにしてしまうのはちょっと違うのかな?重岡くんは、私のヲタク人生のキッカケとなった人です。私は元々アイドルヲタクで、ヲタク気質はあったのですがジャニーズには一切興味がなく48Gの握手会に通い推しの認知を獲得しようと必死でした。そんな毎日を過ごしていたある日中島おケンティ大先生担だった親友に「BAD BOYS J」を一緒に見に行かないかと誘われ、「乃木坂でてるし行くか」と軽い気持ちでついて行きました。ジャニーズが多数出演していることもあり劇場内はジャニヲタばかりで「異様な空間だ…!」と思ったのを覚えています。上映開始して、3分くらいでしょうか。ある人のお顔を見て全身にゾワゾワゾワッ…!っとくるものがありました。そう、重岡くん。色白なお顔に儚い表情、ちょっと特徴のある声に純潔の黒髪、そして胸がキュウッとなるニッコニコな笑顔。人生で初めて、お顔も表情も姿もなにもかもタイプなどストライクな人を見つけてしまったと思いました。当時高校三年生の私、一瞬にして彼のことが気になり始め家に帰り過去の動画や少クラを見漁りました。サムライ転校生、友情部、翼よあれが恋の灯だなどの動画を必死に探して重岡くんが出演しているドラマや映画を2日ほどで観ました(ただヒマなだけや)。全て観た感想、「もっと重岡くんのことが知りたい!」常にニコニコしていてステージに立つ彼はキラキラしててアイドルという仕事を全身全霊で楽しんでいるように見えていました。しかし、そのニコニコの裏側に何かが隠されている気がして、重岡くんのことが気になって気になって頭がいっぱいでした。

とても長くなってしまいましたがこれが私のヲタク人生の始まりでした。担当を見つけて、過去の動画を漁っている時間ってとっても楽しくないですか!?その頃少クラではまだデビュー前だったので地上波では関ジュニ通信や関ジュコーナーで重岡くんを見ることしかできなくて関西に住んでいないことを悔やみました。蒼い季節の重岡くんがかっこよすぎて1日に5回くらい観ていたし、HDの容量がいっぱいになって自動削除されるのを恐れブルーレイに移して未だによく観ています(笑)

その頃の関ジュメンバーは大阪中心で活動していたので少クラで映ることがとても貴重だったので、ガムシャラに踊って1人1人が自分をアピールアピール!していて切磋琢磨している感じがとても好きでした。カウコンでも数秒だけでしたが彼らが映った時ガムシャラに前に前に精神な彼らが伺えました。

と、思ったんですがデビュー発表のことを書くとまたとても長くなってしまうのでデビュー発表は別記事で書きます。


重岡くんの魅力は一言では語れません。イタズラが大好きでいつも誰かにイタズラを仕掛けてはキャッキャ1人で喜んでいたり逆転winnerやパリマニなど笑わない曲イメージのある曲で1人だけ笑っていたりカッコつけるのが苦手でついおふざけに走っちゃうなど、ゲラでお調子者なイメージがあると思います。でも誰よりもプロ意識が高くてストイックでブレない軸があるのが重岡くんです。私服がダサくプライベートでの身なりにあまり気を使わないことからJr.時代から彼は女っ気がなくてモテないイメージがありました。更に高校生活では常にマスクをして女の子と喋らないようにするという徹底ぶり。ラジオで下ネタに過剰に反応したりすることもなければ、雑誌や各メディアでの発言から童◯なんじゃないか…?と思わせるような「恋愛経験ゼロ感」がとっっっても滲み出ていました。もちろん、思春期だし彼女くらい欲しいと思いますしあんなかっこいい男の子モテないわけがないので彼女の1人や2人いたと思います。けどそれをファンに感じさせないアイドル性・プロ意識・徹底ぶりがJr.時代の重岡くんは完璧でした。

しかしデビューしてから、筋肉をつけて少しぷにっとして華奢な守りたくなる男の子重岡くんからガタイのいい漢・重岡に大変身しました。ごめんね青春に出た時は、女の子の絡みがどうしても見れなくてリアタイはできませんでした。ちゃんと見れたのは今年に入ってからです(笑)デビューしたのでメディア露出が増えてドラマ出演・女優さんとの絡みがあるのは当たり前だしわかっていたことですが、今までの重岡くんの守ってきたものが壊れてしまうような気がして見れませんでした。今年に入って実際に見て、やっぱり重岡くんが女の子と絡んでいるのはとても違和感があってこんなの重岡くんじゃない…と思いました。けど、こうして全国放送の民放ドラマに出演できて「ジャニーズWEST」の名を広められたと思うので重岡くんのドラマ出演はファンにとってもとてもいい経験でした。しかし重岡担には本当にキツかったと思います(笑)あんな重岡くんJr.時代なら絶対見ることができなかったと思います。女の子慣れしてる重岡くんなんて見たくない(笑)


最近の重岡くんは、デビュー組の貫禄がついてきました。ちょっと崩して言うと、Jr.時代のキラキラアイドル感がなくなってきていると思います。もちろん、デビューしてもJr.時代と変わらずキラッキラに踊ってハチャメチャに歌う嵐やキスマイなんていないので当たり前のことです。今の重岡くんの笑顔は以前に比べて本当の心からの笑顔に見えなくなってしまいました。デビューしてから多忙やストレスが原因で胃腸炎になってしまったこともあったし、「デビューすると言いたいことが限られてしまう」なんて発言もしていました。彼は元から人に相談をするタイプではないので彼なりに悩んでいて、葛藤しているように見えてしまいます。しかし、ニコニコしているのはニコニコ天使ちゃんでいなきゃいけないという思いがあるわけではなく「俺は楽しいんや!楽しいから笑ろてまう」なんて言うことも言っていたのでそこは安心です。あと、個人的に重岡くんに「ああぁ好き!!」となるポイントは、ホルモンや3.14などトンチキ曲で全力で踊っていない感じがとても好きです。特に濵田くん小瀧くん神山くんは全力でふざけているんですが、重岡くんはゆるゆるっと踊っているんです。3.14間奏のふわふわ〜っとなるフリのところ(伝われ)でも抜いて踊っているように見えて萌えます。「エッ重岡くんいつもあんな変顔したりイタズラしてすごい顔してるのに全力ふざけダンスはしないの!?かわいい!!」ってなります。私だけでしょうか。無鉄砲ボーイの最後のマネキンにキスするフリも、適当に終わらせている(言い方w)感じがすごく好きです。とても重岡くんらしい。重岡くんがマネキンに官能的なキスしていたら無理です。ラブクリの「前髪切りすぎたとおでこをさわる君が可愛くって抱きしめたくって困るよ」やボクらの「キミはキミのために生きるんだ ボクはキミの陽だまりになる」きみメロの「好きだよ 好きだよ きみのことが〜」を重岡くんパートに割り振った人は天才だと思います。重岡くんのキャラメルボイス(死語?w)に胸がキュウウゥッとなります。少クラやコンサートで見られる、やや右上の角度を見て眉毛をあげて歌う彼の歌い方が本当に好きです。ファンサもカメラ目線もせず、1つ1つの歌詞をしっかりと理解して伝えようとする姿勢がとても重岡くんらしくて、ファンサしないとよく言われる重岡くんですがそれも重岡くんのスタイルなのでいいんじゃないかと思います。



話がズレまくってしまいましたが、後にも先にもこんなに心から好きになれて、この人のことを知りたいと思える人は彼だけです。これからもずっと重岡くんは私のスーパーアイドルです。重岡くんは重岡くんのスタイルで自分の中にある像を崩さず重岡くんらしいパフォーマンスができて、重岡くんが楽しいと心から笑える毎日と健康を願います。健康で幸せでいてくれたら何よりです。お母さんか(笑)重岡くんってすごい!重岡くんの魅力は無限大!!!重岡くん大好きです。




…すごく長くなってしまいました。7人全員書こうと思いましたがこの記事は重岡くんだけにします。

言いたいことがたくさん言えてすっきり〜\(^o^)/重岡くん記事は定期的に書こうかな!さっ次は他のメンバーも書くぞ〜!!